読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

図書館の便利さを再認識した

最近お金が無くて本が買えなくてつらかったんだけど、大学の図書館に行けば無料で本が手に入る事に気づいた。特に、名著と呼ばれる類の本は大体置いてあったりして、めちゃめちゃすごい。

とりあえず気になってた本とかパッと目についた本を借りまくってみた。

「Team Geek」と「Googleを支える技術」は読み終わった。簡単に感想を書いてみる。

Team Geek

Team Geekはいろんなとこで感想を見かけるけど、確かに面白くて読み易いし印象に残る良い本だった。

有名なのはHumility(謙虚), Respect(尊敬), Trust(信頼)の3本柱で、通称「HRT(ハート)」と呼ばれる。良いソフトウェア開発を支えるのは良い人間関係という前提(それは筆者達が経験的に学んだ事でもある)の元、筆者らはHRTの精神の重要性を説いている。筆者ら曰く、

あらゆる人間関係の衝突は、謙虚・尊敬・信頼の欠如によるものだ。

らしい。

「個人としての活躍」よりも「チームとしての生産性」が重視されていて、例えどんなに個人レベルで優秀であろうと悪い文化を作る人(例えば人を平気で誹謗中傷するような人)はチームにいるべきでは無い。より正確には 悪い振る舞い がチームからは排除されるべきで、意図せず 悪い振る舞い をしてしまっている人にはそれを正す様にこちらから注意深く働きかけなければならない。

例えば、コードレビューにおいてやたらと攻撃的な批評をしてしまう人には、注意を呼びかける必要がある。建設的な批評は重要だが、相手の人格を否定したりしてはいけない(例:「こんなクソコードを書くなんて頭がおかしいんじゃ無いか!!」)。振る舞いが直らないなら、その人にはチームを去ってもらう事になる。

人の感情に配慮する事の重要性も指摘されていた。これに関しては、このブログの例(これもTeam Geekの感想)が分かり易い。どんなに論理的には正しい指摘であっても「あなたは間違ってる」って言われたら腹が立ってしまうので、言い回しなんかにも気をつけなければならない。これは僕の考えなんだけど、そもそも人の行動やパフォーマンスに対する「感情」の影響というのはかなり大きいので、それを無視してしまうのはナンセンスだと思う。この部分には納得出来たし、共感出来た。

リーダーとしての良い振る舞いにも言及されていた(というかそれが一番ページ数を占めてて)。リーダーはチームのメンバーを管理しようとしてはならず、メンバーを信頼して任せなければならない。求められるのは、サーバントリーダーシップである。

これに関しては、最近発売された「How Google Works」でも言及されてるっぽい。

http://engineer.typemag.jp/article/howgoogleworks

「Team Geek」、読み易くて納得出来る部分も多くて良い本だと思う。

Googleを支える技術

この本は、Googleの巨大分散システムについて筆者が論文とか読んで調べた内容をまとめたもの。発売日が2008年とけっこう古くて、扱ってる論文も2003年とか新しくても2006年とかでけっこう古いものなんだけど、それでも超巨大分散システムの確立された技術について説明されてて、やっぱGoogleすげえなって思った。

これまで分散システムとか使った事無くてこの辺の分野のセンスは全くなかったんだけど、Google File System, BigTable, Chubbyみたいな分散システムについて分かり易く説明されてて、簡単なイメージはつかめたと思う。

ちょっと前にnaoyaさんのブログでBigQueryとか分散システムについて触れられていたのを見てから、「Googleを支える技術」は最低限読んでおきたい本だとは思ってたので、この機会に目を通せて良かったと思う。

個人的には、しばらくはこれ程までに大規模な分散システムが必要になるシーンは無いと思うけど、こういった事が可能なんだって事は認識しておきたい。

読んでる途中のやつ

まだ読んでる途中のやつについてもちょろっと書いていく。どれも今週借りたやつ、かつ並行してるのであんま進んでない。

プロセッサを支える技術

CPUみたいなプロセッサがどんな仕事をしてるのかをまとめた本。図書館に行った時点では全く念頭に置いてなかったのに、パラ見したら面白そうだったので思わず借りた。

プロセッサが内部でどんな事をしてるか、プロセッサがメモリやI/O機器とどうコミュニケーションをとってるかが分かり易く説明されてた。何となく聞いた事はあるけどよく知らない単語が説明されてたりしてて(x86の語源とかARMとインテルのプロセッサの違いとか)、勉強になった気がする。

ちなみに、amazonのカスタマーレビューでちょいちょい記述が間違ってるって指摘されてて、気になったので軽くだけど調べてみた。

仮想記憶についてはWikipeditaのページがあるんだけど、確かに本文中の説明(実メモリよりもずっと大きいディスク容量分のメモリがあるように見せられる方式が「仮想記憶」)は誤解を生むかもしれない。

あと、32ビットプロセッサとか64ビットプロセッサとか言う場合、通常は「汎用レジスタ」のビット数が何ビットかで区別するっぽい。これもWikipediaのページに記述があった。

汎用レジスタは整数演算用データだけでなくメモリアドレスも保持する事になるので、使えるメモリ量が汎用レジスタのビット数によって制限される事になる。「64ビットなら4GB以上のメモリが効率良く使える」とかよく言われるのはその為である。

こういった突っ込みどころはあるっぽいけど、総じて良い本だと思う。まだ途中(3章半ばくらい)だけど、満足した。1, 2章がプロセッサの処理全体のざっくりした説明で、3章以降で細かい部分(高速化の為の仕組みとか)についてのより詳細な解説になってるんだけど、後は気になったとこだけつまみ食いする予定。

達人プログラマー

古典的名著として有名な本。気になってたので借りた。

けっこう初っ端で有名な「DRY原則」が出て来て嬉しかった。「DRYの為にコードを自動生成する」とかサラッと言ってて、さすが達人って感じだった。

あと、変更に対して柔軟であれと説いていたり、素早く作ってフィードバックを得て開発のサイクルを回す方法(これを閃光弾による開発と呼んでる)を薦めていたりして、何かアジャイルっぽいなーと思ったら筆者(Andy HuntとDave Thomasがどっちもアジャイルマニフェストの共著者だった。よく考えたら「達人プログラマー」を知ったのもアジャイルサムライの中で言及されてたからだった気がするので、無駄な気付きをしてしまった。

まだ3章まで呼んだとこで、これ以降も面白そうなので楽しみ。

パターン認識機械学習

黄色い本。これも有名なヤツ。取っ付きにくい印象だったけど、パラ見してみたら思いのほか説明が丁寧で良さそうだったので借りた。

まだ1章を読んだとこだけど、全体を包括した良い導入だった。特に、確率をランダムな繰り返し試行の頻度とみなす「頻度主義的な見方」に対して、「不確かさの度合いとして確率を見る」という「ベイズ的な見方」が導入されていたのが印象的だった。ベイズ的な見方、最初は全くピンと来なかったんだけど、フィッティングの際のモデルパラメータの不確かさに着目するって話が分かり易かった(頻度的な見方だと、与えられたパラメータの元で「データ点が得られる確率」に着目する)。

読み進めるのに時間はかかりそうだけど、勉強にはなると思う。

Land of Lisp

Lisp alienの表紙が印象的な本。けっこう最近発売されてて、発売直後はブログとかでめちゃめちゃ取り上げられてた気がする。分厚いからビビってたけど、めちゃめちゃ読み易い。

実はCommon Lispは「ハッカーと画家」に触発された頃に一度勉強してて、竹内先生の「初めての人のためのLISP」もちょろっと読んでみたりはしてたんだけど、途中で飽きて放置しちゃってたので良い機会になった。

これもまだ5章(全部で20章ある)。読み易いので一気に読み進めたい。

まとめ

図書館めちゃめちゃすごい。かなり良い気付きだった。

どうでも良い話

これ一応技術ブログって事になってるんだけど、今回は単なる読書感想文になってしまった気がしてちょっと気がかり。

あと、ちょっと前に読んだ本だと「ビジョナリー・カンパニー2」と「誰の為のデザイン?」ってのがあって、どちらも印象に残る部分や自分の価値観に変化を与えてくれる部分があったので、いつか感想を書き残しておきたいと思う。

Team Geek ―Googleのギークたちはいかにしてチームを作るのか

Team Geek ―Googleのギークたちはいかにしてチームを作るのか

Googleを支える技術 ?巨大システムの内側の世界 (WEB+DB PRESSプラスシリーズ)

Googleを支える技術 ?巨大システムの内側の世界 (WEB+DB PRESSプラスシリーズ)

プロセッサを支える技術  ??果てしなくスピードを追求する世界 (WEB+DB PRESS plus)

プロセッサを支える技術  ??果てしなくスピードを追求する世界 (WEB+DB PRESS plus)

達人プログラマー―システム開発の職人から名匠への道

達人プログラマー―システム開発の職人から名匠への道

  • 作者: アンドリューハント,デビッドトーマス,Andrew Hunt,David Thomas,村上雅章
  • 出版社/メーカー: ピアソンエデュケーション
  • 発売日: 2000/11
  • メディア: 単行本
  • 購入: 42人 クリック: 1,099回
  • この商品を含むブログ (348件) を見る

パターン認識と機械学習 上

パターン認識と機械学習 上

Land of Lisp

Land of Lisp

誰のためのデザイン?―認知科学者のデザイン原論 (新曜社認知科学選書)

誰のためのデザイン?―認知科学者のデザイン原論 (新曜社認知科学選書)

ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則

ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則